22兆円を超える入札市場、中小企業で新規取引先拡大を狙うなら!

公的機関の入札案件 落札への近道 8日間無料お試し中!お申し込みは今すぐ!

ご存知ですか?

公的機関からの年間発注件数は約150万件。金額は22兆円を超えます。その中で約半数が500万円未満の案件。
中小企業にも充分チャンスがあります!

実際、入札案件は豊富にあります

令和元年5月の入札情報の実績

どんな案件がある?

業種の一例

IT・情報通信、広告・メディア・印刷系、人材サービス・アウトソーシング、警備・清掃、コンサルティング・リサーチ、運輸・物流、事務機器・OA機器、電機電子・精密機器、輸送機器、医療機器・医薬品、食品・飲料、不動産、旅行・施設、金融・保険、エネルギー、建設・土木、その他業種

上記は一例になります。さらに細かい業種はNJSSでご確認ください。

具体的な案件一例①

一例①

具体的な案件一例②

一例②

落札するために

案件数、成約率アップが見込める入札市場

入札市場はすでに依頼することが決定している発注の意志があるため、成約率が高い案件が豊富に存在します。確実に案件を落札して売上アップを狙っていくためには、市場理解だけでなく入札参加条件やスケジュール、落札に関する多くの情報と収集する手段がカギとなってきます。

情報収集の壁

しかし企業様の中には下記のような課題からビジネスチャンスを失っているケースも。

NJSSは全国7,600以上の発注機関からの入札・落札情報を提供している、国内最大級の入札情報サイトで、最大の特徴は情報量にあります。自社であちこち手間ひまかけて情報収集していたものを、NJSSではまとまった情報の中からキーワード設定×条件設定により貴社が必要な情報だけを提供します。さらに対応する案件が増えても、適切なスケジュール、タスク管理をサポートする案件管理ツールがあるので、対応漏れによる案件の損失も防ぐことができます。

NJSSをご利用いただく皆さまに一番多くいただくご意見は、自社が把握していなかった案件が取得できた!というお声です。

NJSSとは

NJSS導入のメリット

1:豊富な入札情報件数

2:落札情報も掲載

3:競合他社の動向調査

利用者の声

人材派遣

業種:人材派遣

毎日朝にメールにて最新入札情報が配信されるのでチェックをする手間が省け、何時間もかかる作業の節約ができました。全国の細かいところの入札情報まで検索ができますので、とても便利なシステムだと思います。とても便利にお使いさせていただいております。

広告・イベント・映像・Web

業種:広告・イベント・映像・Web

導入して、まずその情報量の多さと、欲しい案件情報の探しやすさに満足しています。新着情報をメールで毎日配信されるよう設定していますが、入札情報を毎日いろんなサイトから集める手間・時間が大幅に削減することができ、作業効率が非常に上がり助かっています。
また、これまで当社が把握していた情報以外に「こんなところも出しているんだ」というように、情報が広範に網羅されており、営業先が一気に増えました。この他、過去の落札価格などがシステムから確認することができる為、特に競争入札の場合は、入札の価格設定を戦略的に行うことができるようになりました。

サービス導入の流れ

まずは無料で8日間お試しください。

無料期間終了後、自動的に課金されるようなことはありません。